歯科で歯を治療しよう【ホワイトニングで輝く笑顔と白い歯】

早期治療がカギ

虫歯を放置してしまうと

歯科医院では、虫歯治療を主に行っています。しかしながら、治療時の痛みが嫌いで、歯科医院に行くことに二の足を踏む方が多くいます。 このように歯科医に行かずに虫歯を放置すると、色々な症状を引き起こします。まず虫歯を放置すると、痛みがどんどん激しくなります。よって、仕事や勉強に集中できず、日常生活に支障をきたします。 また、虫歯菌が顎の骨に入り込んでしまうので、顎の骨を溶かしていきます。また、顎が炎症を起こして腫れ上がります。このまま放置すると、治療のために顎の骨を部分切除する必要が生じます。その他にも、虫歯を放置すると、菌が血液を通して心臓や脳に届いて炎症を起こす可能性もあります。ですから、きちんと歯科医院で虫歯治療することが大事です。

歯科医院で行われる無痛治療

虫歯治療というと、どうしても怖いイメージや痛いイメージを持たれる方が多いです。そうした怖いイメージを払拭するために、近年では痛みを感じない無痛治療が行われています。無痛治療にも色々な方法がありますが、一般的なのが麻酔注射による治療です。麻酔注射は、麻酔剤を注射器で注入することで痛みを麻痺させます。 その他にも、3Mix-MP法と呼ばれる無痛治療方法もあります。これは、虫歯の病巣部分に抗菌剤を塗ることで殺菌する治療です。この方法は、虫歯の患部を大きく削らないという利点があります。なので、健康な歯をできるかぎり多く残すことができます。しかも、患部をしっかり殺菌できるので、虫歯の再発を防いでくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Designed by CSS.Design Sample