歯科で歯を治療しよう【ホワイトニングで輝く笑顔と白い歯】

歯周病は早期治療が大切

歯科医院で相談されることが多い症状

近年では、歯科医院で歯周病について相談する患者さんが増えています。この歯周病とは、プラークの中の歯周病菌によって引き起こされる歯茎の感染症です。これは日本人の成人のうち80パーセントが罹患しているとされ、国民病と考えられています。 歯周病の特徴は、初期は自覚症状がほとんどないです。しかし、進行すると痛みや腫れが感じられます。さらに症状がすすむと、歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える骨が溶かされ歯が抜け落ちることもあります。また、全身の健康にも大きく影響を与えています。放置すると、肺炎、心臓病などを引き起こします。 歯科医院では、歯周病の検査として歯周ポケット検査を行います。これは、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの深さを測る検査です。深くなればなるほど、歯周病が進んでいます。

歯周病の主な治療方法とは

歯科医院では、歯周病の症状にあわせて色々な治療法を行います。ごく軽度の歯周病の場合は、スケーリングを行います。これは、歯に付着している歯石を特殊な器具で取り除く治療です。この治療では、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の歯石をしっかり落とすことができます。 そして、重度の症状の場合は、歯周ポケット掻爬を行います。この歯科治療は、歯茎に麻酔をほどこして歯周ポケットの内側の歯石やプラークをしっかり掻き出していきます。歯周病を引き起こす原因をきれいに除去できます。 さらに重篤な場合は、フラップ手術を行います。これは、歯ぐきを切開して歯の根を露出させて、歯石やプラークを取り除く治療法です。侵された歯周組織を除去することもでき、効率的な治療です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Designed by CSS.Design Sample