歯科で歯を治療しよう【ホワイトニングで輝く笑顔と白い歯】

裏側矯正のことについて

どういう矯正なのでしょうか

裏側矯正とは歯の表側からではなく、裏側から矯正する方法です。矯正が表側から見えないので、見た目を心配しなくても矯正できます。矯正の期間は個人差がありますが、外側からの矯正と変わらないことが多いです。 裏側矯正は特に症例の制限はなく、希望すれば治療を受けることができます。裏側矯正は、音(特にタ行、ナ行、ラ行、ダ行)によっては発音がしにくくなってしまうことと、歯磨きなどのケアがしにくいというデメリットはあります。しかし、矯正装置を付けてから数週間から1か月程で、慣れる症例が多いようです。また、歯磨き指導などケアも十分に行っている歯科医院が多いです。なので、あまり心配することがなく矯正することが可能です。

どのような人たちに向いているのでしょう

裏側矯正は誰でも行うことができますが、どのような人たち向いているのでしょうか。 矯正を行っていることを知られたくない人にとっては、嬉しい矯正方法です。また、人前に出ることの多い仕事をしている方にも、見た目を気にすることがないので、もってこいの治療法です。さらに、スポーツをする方にも嬉しい治療法です。スポーツをすると、外側矯正をしている場合、矯正装置に当たってケガをしてしまうことがあります。裏側矯正だとその心配はありません。もう一つ向いているのは、吹く楽器を演奏する方です。トランペットやサックスなどの楽器を演奏する際でも、矯正装置が邪魔になることはありません。 これらを踏まえて、自分に合った矯正方法を考えてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Designed by CSS.Design Sample